体の調子が悪かったり、体の器官に不具合が生じると、人は病院にかかったりすることで治療し「完治」を目指します。誰だって快適に、健康に過ごすために、体の機能を良い状態にキープしておきたいと願うのは当たり前のことです。

 

目はものを見るための大切な器官です。病気も去ることながら、視力については悩みも多いとこるで、主な症状には近視・乱視・遠視等があります。オルソケラトロジーは軽度の近視の治療が可能ですが、装着をやめれば目は元の状態に戻るという特徴があります。イメージとしては固いものの上に顔をおいて寝たら、ほっぺなんかに型がついていて、しばらく消えないことってありますよね。

 

ところが、オルソケラトロジーだけに限らず、レーシックやICLなどのすべての治療方法において言えることは「近視は治らない」という衝撃の事実らしいのです。

 

だって治療すれば見えるようになるのに、治らないってどういうこと??とも思いますが、もちろん現在の眼科技術で何らかの治療をすれば、裸眼で遠くがよく見えるようになり、視力が回復するのは事実です。つまり「治らない」というのはどういうことかというと、「視力が回復したから近視が治った」という考え方が間違っているということなのだそうです。

 

一般的に、近視っていうのは眼球が前後に伸びたことで、角膜から網膜までの長さが伸びて、遠くに焦点が合わなくなってしまうという病気のことです。この時、眼球は風船が膨らんだような状態になって網膜が薄くなっているのです。この状態はメガネ・コンタクトレンズ・レーシック・眼内レンズなどなど…どんなかたちで矯正しても眼球の状態を戻すことはできず、網膜は薄い状態のままなのです。

 

つまり近視の人の眼球はずっと近視状態のままなので「近視は治らない」というわけです。

 

オルソケラトロジーならば、使うのをやめればもとに戻るのになぜ軽度の近視にしか使えないのかと思いますが、強度の近視は眼圧が少しでも上がれば、網膜剥離になる確率も高くなるので「形を変える」オルソケラトロジーも危険になってくるというわけなのですね。

自分でできる視力回復法へ

関連ページ

オルソケラトロジーレンズと酸素透過性とレンズ使用のリスク
コンタクトレンズを使ったことのある人ならば承知の事実かもしれませんが、レンズの使用に当たってはリスクがあります。
老眼と遠視と近視と治療
ほとんどの人が「調節力」を意識しないで、40〜50歳くらいまで過ごします。そしてその頃になると近くのものが見えにくくなり、「老眼になってきた」ということを意識し始めます。
「見える目」に大切な調節力
視力検査といえば思い浮かべるのはスプーンのような黒い道具を目に当ててCの形をした記号がどの向きに口を開けているかを答える検査じゃないかなと思います。
オルソケラトロジーとオサート
オルソケラトロジーは軽度の近視の治療にしか使えません。角膜の形を変えることで、入った光の焦点を網膜に合わせていくという方法なので、
オルソケラトロジーができる状態と年齢
オルソケラトロジーというのは、特殊なコンタクトレンズによって角膜を一定のかたちに長時間固定することで、そのかたちに癖付ける治療法です。
オルソケラトロジーの費用
基本的にオルソケラトロジーのレンズの広告は薬事法によって禁止されているので、私たちがその費用を知ろうとしてみてもなかなか具体的な数字が出てこないことが多いです。
オルソケラトロジーと物を見ることの原理
目はどうやってものを見ているのかを理解すると、オルソケラトロジーが、なぜ有効なのかということがわかってきます。
オルソケラトロジーとは一体何なのか??
オルソケラトロジーというネーミング、普通に生活しているとなかなか聞かない単語です。